昆虫食の王様はセミで決定しました

Konchushoku semi 01

昆虫食ネタ。
昨年はクワガタやカブトの成虫を食べましたが、正直、そんなに美味しくないし食べる部分も少なくハズレでした。

一般的には、甲虫の場合は幼虫を食べるのが一番良いようです。アボリジニーズもカミキリムシの幼虫を食べてますしね。

というわけで、今年はとにかくちゃんと食べたい!ということで、セミにしました。

食べたセミは、エゾゼミ、ミンミンゼミ、ひぐらし、アブラゼミ、ニイニイゼミです。山間部の灯下で拾っていったので、クマゼミは入っていません。

調理方法は、油で炒めて塩をちょっとまぶすだけのシンプルな素揚げ。

調理はカンタンですが、ミーミー鳴いて暴れるセミの羽をむしるのは・・・ちょっと精神的ハードルがありますね。これは魚でも動物の肉でもそうですが、解体して捌くという工程が入ってくるので、慣れるまではちょっとキツイかもね。

ちょっとカマキリになった気分になります。

Konchushoku semi 02

アブラゼミの素揚げ

これがご飯に合う!
めちゃくちゃうまい。
普通におかずとして売れるレベルです。

惜しむらくは、セミは盛夏にしか取れないということ。
期間限定の旬の食材ですね。

バッタをバリバリいく猫。やっぱり美味しいんか?